アトピーによる頭皮のかゆみを抑える治療法とは?

MENU

アトピーによる頭皮のかゆみを抑える治療法

頭皮にアトピー症状が出るのは、身体に不飽和脂肪酸が多く蓄積されているのが原因の一つと言われています。

 

この不飽和脂肪酸を大量に含む食品は、チーズ、バターなどの乳製品、ラード、牛肉や豚肉などの動物の肉類、鶏肉です。

 

アトピーのかゆみを抑える治療法として効果的なのは、これらを食べない食生活を続けることです。
不飽和脂肪酸を体内に取り入れないことで溜め込まれていた分が減っていき、早い人なら数週間で効果が表れる場合もあり、食事療法の一つとしても勧められることがあります。

 

数年間、この食餌療法を続けることで、ほぼ健康な人と変わらないほどにまでに回復している症例が沢山あります。

 

短時間でかゆみを取るには塗り薬が効果的ですが、頭皮は髪もあるため、べたべたとした塗り薬は不潔な印象になるのであまり塗りたくないものです。

 

塗り薬の中にはスポイトのような形態で、髪を汚さずに頭皮にだけ薬を塗れる水溶性のものもありますので、医師に相談すると良いです。
しかし、それでも多少のべたつき感は残りますので、もっとすっきりさせたい方には木酢液がおすすめです。
木酢液は水同様にさらさらとしているので、べたべたしません。

 

殺菌効果があり、少々傷にしみる性質がかゆみを短時間で抑えてくれます。
臭いにはくせがありますが、良質な木酢液はさわやかな自然の香りがします。