手の甲のアトピー性湿疹を抑える治療法とは?

MENU

アトピーによる手の甲の湿疹を抑える治療法

アトピーによる湿疹は体のアレルギー反応によるものが多く、強いかゆみを伴い、完治が難しい場合も多いです。
また、手の甲の湿疹は目立つので、それを抑える治療法はできるだけ即効性のあるものを使いたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

このようなアトピーによる湿疹に対しての処方されることが多い薬の一つが抗ヒスタミン薬というものになります。
これは体のアレルギー反応を抑える効き目があり、それによって治す方法です。

 

抗ヒスタミン薬には飲み薬と塗り薬の二種類があります。
飲み薬はゆっくり長く働きかけ、仕事をしている方、外出頻度が高い方などが服用することもあります。

 

一方で塗り薬は短い時間でかゆみや湿疹に働きかけ、症状を緩和するのに優れていると言われており、外部からの刺激から肌を守る働きも兼ねています。

 

しかし塗り薬なのでどうしても手を洗ったりすると流れ落ちてしまい、効き目が無くなってしまうことがしばしばです。
そのため一日のうちに何度も塗り直す必要があります。

 

ですので、アトピーを抑える治療法として一度飲むだけで効き目が遅くても長く効くのが良ければ飲み薬を、すぐに効いて塗り直すことにも手間がかかると感じない場合は塗り薬を選ぶと良いです。

 

完治を目指す場合は、ブツブツが皮膚から消えても抗ヒスタミン薬を飲み続けることをお勧めします。
アトピーは医師の診断の上、治療法を決めるのが基本です。そのうえで、日々の生活の中で症状を悪化させないためのセルフケアを取り入れることが大切です。