アトピー悪化の原因になりうる食材とは?

MENU

アトピー悪化の原因になりうる食材

アトピーは様々な原因が重なって引き起こされていますが、大きな原因のひとつが食べ物です。
これは特別なアレルギー症状を引き起こす食物のことでは無く、アトピーの人のかゆみを発症させたり増強させたりする食べ物のことです。

 

代表的な食物はチョコレート、コーヒー、ココア、全ての獣肉類と乳製品などです。
まず、チョコレートやコーヒー、ココアは血管壁の刺激物質となり、大人も子供これを食べ続けている人はどんな治療をしてもよくなりません。
全ての獣肉類と乳製品には不飽和脂肪酸や比重の低い油脂など、アトピー患者さんにとって有害な脂が多く含まれています。

 

重症のアトピー患者さんは、健康な人に比べ大変多くの不飽和脂肪酸や低比重の脂を体内に持っていることが証明されています。
そしてこの油脂類を減らすことで症状が改善することも確認されています。

 

そのためアトピー患者さんはこれらの油脂類を食事でとる事を制限する必要があるのです。
治療方法としては毎日の食事に気をつけ、これらの食品を食べないことです。

 

たんぱく質が不足してもいけませんので、食物アレルギーが無い方はお豆腐などの大豆製食品、白身のお魚類、卵類を積極的に食べます。
植物油は少量でしたら大丈夫です。