ストレスとアトピー湿疹の関係とは?

MENU

アトピーが原因で発生する湿疹とストレスの関係

アレルギー体質の方はアトピーと呼ばれる特有の湿疹がよく汗をかく肘の内側や膝の裏、首などにできてしまい痒みやかさつきに悩まされます。

 

一方で、現代はストレス社会といわれ、様々な要因でストレスを受けることが多くなったと言われています。
それでは、アトピーが原因で発生する湿疹と私たちの心はどう関係があるのでしょうか。

 

考えられるのは疲れが過剰に蓄積することによって身体の機能が低下してしまい、皮膚の再生能力が低下し、アトピーがより強く出てしまうということです。
会社勤め等で心身ともにストレスなどを感じることで肌の悪化、アトピーの悪化を招いている場合は、ストレスを感じにくい生活を送ることが改善の方法のひとつと行っても過言ではあります。

 

また逆に、アトピーを見られたく無いということがストレスを生じさせている可能性もあります。
夏場に特に女性の方は皮膚に炎症があると他人の目が気になってしまい、おしゃれを楽しめなかったり、人付き合いが億劫になってしまうこともあるでしょう。

 

とはいっても、アトピーが原因で発生する湿疹は大人よりも心理的な負担の圧倒的に少ない乳幼児や子供たちに多くみられますので、ストレスだけが原因であると決めつけずに食生活や生活習慣や保湿なども同時に原因を改善することも重要です。