アトピー性湿疹が発生した新生児に必要な治療とは?

MENU

アトピーが原因で湿疹が発生した新生児に必要な治療

赤ちゃんの肌によく見られる症状のひとつが湿疹です。
赤く腫れ上がっていたり、痒そうにして寝ている間に掻いてボロボロになってしまったり、と心配になってしまいますよね。

 

湿疹と一言で言っても、その症状や原因はさまざま。
夏は汗、冬は乾燥、それ以外にも食べ物や住環境からくるアレルギーや、寝不足や環境の変化によるストレスから出ることもあるんです。

 

長く続くと「この子はアトピーじゃないかしら」と不安に思うお母さんお父さんも多いと思います。
しかし、実は新生児のうちはアトピーと決定づけられないことがほとんどなんです。

 

赤ちゃんの肌は大変弱く、バリア機能も失われやすい繊細な肌です。
たとえお医者さんでアトピーと診断された赤ちゃんでも年齢を重ねるうちに自然と改善した、という話もよく聞きますので、不安に思ったらまずは小児科や皮膚科を受診してみると良いでしょう。

 

特定の原因がある場合は別ですが、ほとんどの場合、肌を清潔に保ちしっかりと保湿してあげることが必要です、という診断で終わり、特別な治療はなく毎日気をつけることで改善されていきます。

 

赤ちゃんのお風呂の入れ方や体の洗い方に気をつけたり、使用している保湿剤などを変えるだけで良くなることもあります。
放っておくとどんどん悪化してしまうケースもありますので、気になったらすぐにお医者さんに行ってみてくださいね。