アトピー咳嗽と咳喘息の関係と治療法とは?

MENU

アトピー咳嗽と咳喘息の関係、及びその治療法

アトピー咳嗽と咳喘息の関係、及びその治療法について、何よりも重要なことは迅速に専門医に診せることです。
その専門医の治療を受けていくことで症状を緩和させていくことが重要になります。

 

沢山の情報の中から自己判断で対策を行う前に、専門医のアドバイスを元に治療を受け、その上で必要なセルフケアを行うということが大切です。

 

もし症状等が重くより大きな病院等での治療の方がいいと専門医が判断すれば診療情報提供書いわゆる紹介状を書いてくれるので、それを持って紹介先の医療機関を受診していくことが大切になります。

 

乾いた咳が特徴とされるアトピー咳嗽ですが、夜間にこの咳をすることが多いとされ、室内と室外といったように温度差のある空気を吸い込んだ時にも生じてしまう咳になります。
この咳は気管支拡張薬が効かないために、ヒスタミンH1拮抗薬とステロイド薬が有効だと言われています。

 

ステロイドについてはその使用に否定的な話もあるようですが、そのあたりは主治医と話をして適切な治療を受けていくことを心掛けていくようにすることが大切です。
もし咳が長引いていれば、先述のように迅速にかかりつけ医及び専門医の診察を受けて、胸のレントゲンや聴診で異常がないことを確認してもらうことも重要になります。