アトピー治療とルイボスティーの効果とは?

MENU

アトピー治療に効果的だと言われるルイボスティーとは?

ルイボスティーとは、マメ科の実ルイボスから抽出したお茶のことです。

 

ルイボスティーアトピー治療に効果的であると言われており、最近では特に話題を集めています。
アトピー治療だけではなく、花粉症や鼻炎や喘息などのアレルギー症状を緩和させたり改善すると言われています。

 

日本ではアトピー患者が年々増加してきています。
アトピー患者の八割は幼児期に発症して、徐々におさまっていく場合がほとんどですが、最近では成人まで症状が続いている人も増えているのです。

 

アトピーになると、血液中の白血球に存在する顆粒球が正常より多く、顆粒球が異物を処理して死骸となるたびに多くの活性酸素が放出されるのです。

 

活性酸素は細菌の侵入を防いだり殺菌消毒してくれるような重要な役割もありますが、大量に発生してしまうと細胞や血管をサビつかせてしまうのです。
活性酸素が体内をサビつかせてしまうと、免疫力が低下してしまいます。

 

そうなると、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が起こりやすくなってしまうのです。
ルイボスティーには、活性酸素を除去してくれる優れた抗酸化作用があるため、アレルギー症状の改善や緩和が期待できるのです。
さらに、ルイボスティーは、アトピー性皮膚炎の原因ともなっている乾燥肌にも効果的です。角質のバリア機能を強化してくれるので、乾燥に負けない強い肌になるのです。