気管支炎とアトピーの症状の関係とは?

MENU

アトピーの症状と気管支炎の関係、及びその治療法

アトピーとは主に小さい子供のころから発生する皮膚疾患をさす場合が多い疾患です。
症状として赤い湿疹が、身体の至る所に出てきて大人になってもそれが続く場合もあります。

 

アトピーにはさまざまな原因があります。

 

家族の方にアレルギー性疾患にかかっている人がいたり、ほかのアレルギー性疾患にかかったことがあるとかかりやすくなります。
これにはアトピー性の皮膚炎だけではなく、鼻炎や気管支喘息、結膜炎なども含まれます。

 

気管支喘息の原因として挙げられるのは気管支炎の慢性化になります。
気管支炎を何回も繰り返されることにより、体内にアトピーの原因になる抗体が発生しやすくなり、気管支に炎症が起こるので、そのうち気管支が腫れてしまいます。
これによって喘息が引き起こります。
抗体や病気の発生から、気管支炎はアトピーと関係していると言えます。

 

また、治療法としては、主な方法としてはステロイドの塗り薬を使う場合が多いです。

 

しかし、かゆみの原因である皮膚の炎症を抑えるより、低下している皮膚のバリア機能を補強した方がより、改善されます。
ワセリンと言った皮膚のバリア機能を補強する塗り薬を使用しても改善されない場合、身体を綺麗にする漢方薬もあわせて利用すれば、薬の副作用に悩まされることはありません。