アトピーが原因で発生する体のかゆみを抑える方法とは?

MENU

アトピーが原因で発生する体のかゆみを抑える方法

アトピー性皮膚炎のかゆみは、夜も眠れないほど強く掻いてしまうことで更に痒みが増し、血が出るまで掻いてしまったりするほど強いものです。
痒みを感じると掻いてしまい、炎症が更に悪化すると痒みを感じやすくなるという悪循環につながるため、痒みを抑えることはアトピーの治療ではとても重要なポイントです。

 

かゆみを抑える方法としての一般的な治療は、ステロイド外用薬を用いることです。

 

炎症がおきたら早めに症状に応じたステロイド治療を行い、炎症を抑え、痒みを抑制します。

 

また安全性の高い抗アレルギー薬も効果があります。
アレルギーの原因となるヒスタミンなどをブロックすることで、皮膚の痒みを抑制し症状を和らげます。

 

最近では眠気を抑えたタイプの薬も出てきているので使いやすい方法です。
痒みが強くて我慢ができないときには、アイスノンをガーゼなどで覆ったものを使ってかゆい場所に当てるのも有効だと言われています。

 

冷たいシャワーをあびるのも効果的だと言われており、皮膚を冷やす事で炎症により拡張した血管を収縮し、痒みを感じる神経を鎮めることで痒みを抑えることができます。

 

アトピー性皮膚炎の場合は乾燥肌の人も多いため、肌の乾燥が原因で痒みを感じる事もあります。
その場合には保湿剤を使う事でかゆみが楽になる場合も多いです。