乾燥肌・湿疹とアトピーの関係性とその治療法とは?

MENU

乾燥肌・湿疹とアトピーの関係性とその治療法

アトピー性皮膚炎要因は大きく分けて2つあります。
化粧品や石けんなどの刺激で湿疹が出る外的要因によるものと、本人の元々の体質など内的要因によるものです。
アトピー体質の人は肌が弱く、多くの人が乾燥肌に悩まされています。

 

皮膚の一番表面には角質層という組織があり、この組織が外部から細菌や埃などの侵入を防いでいます。
また、表皮の水分が蒸発するのを防いでいるため、肌は水分を保持していられるのです。
いわば肌のバリアゾーンです。

 

しかし、この体質の人の肌はこの角質の細胞の間を埋めている角質細胞間脂質や保湿因子の数が少なく、角質層のバリアとしての働きが弱くなっています。

 

その結果、表皮の水分は逃げてしまい乾燥肌になります。
そして、破れたバリアの間から埃や細菌やアレルゲンが容易に入り込んできます。

 

この結果、湿疹ができるなどの肌のトラブルが起こるのです。
この皮膚炎はかゆみがあり、症状も分布も特徴的で、繰り返し出てくるという特徴があります。
かゆみが出るために、皮膚を掻いてしまうとますます角質層がはがれおち、乾燥、肌トラブルを繰り返すという悪循環に陥ります。

 

これが湿疹とアトピーの関係性です。

 

治療法は、皮膚炎の酷さによって強さの違うステロイド外用薬を用いる方法、その後に免疫抑制外用薬を使う方法などがあります。また、かゆみが酷い場合は抗ヒスタミン薬を使います。
これらの外用薬では効かないほど酷い場合には、ステロイドや免疫抑制剤を内服するという治療法になります。

 

最終的には保湿剤だけで日常生活をおくれるようになることを目指します。