アトピーの治療に効果的な漢方療法とは?

MENU

アトピーの治療に効果的な漢方療法

皮膚にかゆみを伴う炎症が起こる病気のことをアトピー性皮膚炎と言い、多くはアレルギーを起こしやすい体質原因です。
そのため体質だから完治しない、と諦めている患者も多いですが、漢方療法を用いた治療もアトピー治療のひとつとして知られています。

 

漢方は体本来のチカラを高めることなど、古くから様々な治療の分野で用いられて来ています。
また、化学療法と異なり体への副作用も少ないといわれている点もおすすめされている理由の一つです。

 

アトピーの症状や体質は人によって異なるため、患者一人一人の体の状態に合わせて漢方を組み合わせることが治療では大切です。

 

特に症状の改善に効果的だといわれている漢方は「白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)」です。これは体の熱を冷まし、潤いを与える作用がある生薬で構成されているため、肌に炎症が起こっていてカサカサしているケースで有効です。

 

また、「荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)」も血液の流れを良くして熱や炎症を抑える効果があるため、炎症の改善に効果的だと言われています。

 

漢方療法はすぐに症状が改善されるわけではなく、ある程度のみ続けることで徐々に症状を改善させていくため、長い目で見た治療を行うことが大切です。
また、甘い食べ物を食べるとアトピーの症状が酷くなりやすいため、漢方療法を行っているときは普段の食生活に気をつけることも大切です。