アトピー治療に効果的な保湿方法とは?

MENU

アトピーの治療に効果的な保湿方法

アトピーの症状がある肌は、水分が少なくカサカサしていることが多いものです。
このカサカサ肌は油分が少なく、細菌などに感染しやすくなり、アトピーの症状を悪化させる一因となりますので、アトピー治療のためには効果的な保湿方法を覚えておくといいでしょう。

 

保湿方法には二通りあり、まず肌をコートして水分を閉じ込める効果のものがあります。
ワセリンはその代表格です。
お風呂上りにワセリンを塗ると肌がカサカサしなくなり、水分を逃がさないのでお勧めですが、浸出液が出ている症状の場合は避けた方がいいかもしれません。

 

他にも指先のひび割れの治療にも使えます。

 

他にも、尿素配合のローションやクリームも水分を逃がさない効果があります。
ただ、多少浸みることがありますので、湿疹をかきむしった後などにはワセリンの方がお勧めです。

 

もう一つの保湿方法は肌の奥深くで水分をキープするやり方です。
これにはヒルドイドやセラミドが効果があります。
特にヒルドイドは水分保持以外に、血行をよくする効果、また、傷を治す効果もありますのでアトピー肌にもお勧めです。

 

ただし、やはり浸出液が出ている状態や、出血している状態の場合は避けた方が無難です。
ヒルドイドの他にはセラミドも効果的です。こちらは保湿機能や肌のバリア機能を高めてくれます。
ただ、他の保湿アイテムに比べて値段が高めなのがやや難点です。