アトピーによる皮膚のかゆみを抑える治療法とは?

MENU

アトピーによる皮膚のかゆみを抑える治療法

アトピーは肌が本来持っているバリア機能に支障をきたし、外部の刺激などがそのまま神経部分へと伝わってしまい、それによって無性なかゆみをもたらしてしまうと言う症状です。
主に幼少期に発症することの多いアトピーですが、大人になっても完治しない例は数多く、また大人になってから発症する人も多く見られています。

 

この患者は特に季節の移り変わりなどに我慢できずに肌を引っ掻いて掻きむしってしまうなどしてしまい、それが慢性化して肌が薄く、色黒い状態であったり、引っ?き傷や炎症の跡がハッキリと目立ちます。

 

こうした皮膚疾患のかゆみを抑える治療法としては、皮膚科などで処方される抗ヒスタミン剤などの飲み薬を服用するという手段があります。
これを飲むと過剰に反応していた皮膚細胞が緩やかとなり、肌への刺激に過敏に反応することもなくなる場合があります。

 

また肌機能のバリアが弱まるのは乾燥した環境によるものとも言われており、保湿クリームや乳液など使って肌に潤いを与えてあげることでその刺激の浸透も小さくなり、かゆみの症状を抑える一つの方法としておすすめです。

 

もしも掻きむしって赤くなってしまった肌や膿が出るほどの状態になっている部分には副腎皮質ホルモンを配合した塗り薬を的確に用いてあげることで短期間で効率良く治すことも可能です。