アトピーが原因の皮膚病の最新治療方法とは?

MENU

アトピーが原因の皮膚病の最新治療方法

アトピー体質の人は他の皮膚病になりやすいとされており、合併症を併発する事は珍しくありません。
それ自体の痒みも苦しいものですが、合併症は更にダメージを与えるものといえます。

 

そのような疾患には、幼児期のおむつかぶれや、結節性痒疹、円形脱毛症といった皮膚自体起こるもの、更には、黄色ブドウ球菌などが原因となって起こる、とびひ、カポジ水痘様発疹症といった細菌性のもの、白内障や網膜剥離などの眼科症状のリスクも高まると言われています。

 

このような疾患にならないためには、アトピーの悪化を防ぐことが一番です。
特に網膜剥離は、痒みから目を掻いてしまうことも原因となりますし、黄色ブドウ球菌によるとびひは、アトピーの悪化によって引き起こされます。

 

このようなアトピー症状を防ぐ方法はどんどんと開発されています。
昔から定番であるステロイド外用薬だけではなく、最新治療方法として、シクロスポリン内服療法があります。

 

この薬は、2008年の認可によって先発品のみが使えるようになっているのですが、その強力な効果から期待されている療法といえるでしょう。

 

ただし、副作用などの問題が残っているので、使用は医師の判断を仰ぐ必要があります。
また、プロトピック軟膏は、ステロイドに比べて効果の範囲が限定的なことで知られています。
ただし、服用にあたって医師の診断が必要となります。

 

そのような薬は個人輸入などの方法もありますが、基本的に医師による処方箋としての利用が望ましいといえます。
基本的に副作用の関わることですので、個人輸入は医師の判断を受けた後、処方箋が無くなってから行うようにするべきといえるかもしれません。