アトピーを治すのに効果的な脱ステロイド治療とは?

MENU

アトピーを治すのに効果的な脱ステロイド治療

現在、ステロイド剤の服用及び塗布による治療を受けられている方が、素人判断で脱ステロイド治療をするのはお勧めしません。

 

いきなりの脱ステロイドは重篤な反作用を身体に引き起こす危険性があるからです。

 

では、どうするかと言うと専門の皮膚科医に相談した上で段階的にステロイド剤を減らしていくことをお勧めします。
そのためにはステロイド剤に変わる治療法が必要となってきます。

 

そこで今、効果的と言われている治療法が食餌療法です。
これは、アトピーの大敵である不飽和脂肪酸や低比重の油脂を多く含む獣肉や乳製品類を一切取らないものです。

 

この食餌療法はアトピーを治すための治療法の一つで、この治療法を続けていると、身体から不飽和脂肪酸を減らし、症状の緩和を目指せると言われています。
あわせて段階的にステロイド剤を減らしていきます。

 

しかし、たんぱく質は身体に必要な物ですので、まずは医師に相談の上でどのような食生活を行うべきか?アドバイスをもらうことが大切です。

 

また、油分も必要です。
油分を一切取らないとお肌がカサカサになり、アトピーが悪化してしまいます。
ですから、ごま油やオリーブオイルなどの植物性のもので油分を摂取するようにしましょう。

 

いずれも、アレルギーが無いことを確認の上で摂取するようにしましょう。