アトピーを悪化させてしまう原因とは?

MENU

アトピーを悪化させてしまう原因

アトピー性皮膚炎は病気が日本で広く知られるようになってから数十年が経過しますが、未だに本質的な原因も治療方法も分からず、また、特効薬も開発されていません。

 

ただ、アトピーを悪化させてしまう要因については、一般にもかなり知られるようになって来ました。

 

たとえば、まず第一には、痒いからと言って掻いたりすると、病状はたちまち悪化します。

 

それゆえ痒みを我慢できない乳幼児などの患者は、掻けないように患部に包帯を巻いたり、手に特殊な手袋を装着したりします。

 

第二に、辛い食べ物などの刺激物の過剰な摂取です。

 

ただし辛いものなどは、あくまでも多過ぎると良くないのであって、適度な摂取であれば過剰に控える必要はありません。
それよりも、食品添加物の多い加工食品、化学薬品に汚染された粗悪な食品なども、多く摂取すればするほどアトピーには良くありません。
できるだけ体に優しい自然なものを食べると良いでしょう。

 

そして第三に、ストレスです。
アトピーには痒みや痒くて眠れないストレス、食べ物のストレス、治療のストレスなど、様々なストレスがあります。
如何にして患者のストレスを軽減させるかも、悪化を防ぐためにはとても大切です。
自分なりのストレス解消法を持つ患者は、持たない患者よりも悪化の度合いは少ない傾向があります。