アトピー治療

MENU

アトピー治療をサポートする保湿化粧品

アトピー治療

アトピーの症状は赤ちゃんや小さなお子さんから大人の方まで、年代問わず悩みを抱えている方が多い症状です。

ちょっとしたことで、皮膚がヒリヒリとしたり、赤くなり、かゆみや痛みといった、我慢するのも大変な苦痛があります。
また、顔や手など露出している箇所は人の目を気にされる方も少なくありません。

 

当サイトではそんなつらいアトピーの治療や症状のセルフケアに役立つ情報や実際にアトピー経験者の方が日々のセルフケアに使用して口コミでも評価の高いアイテムをご紹介しています。

 

アトピーに悩まされていた人がおすすめするアイテムランキング

ちょっとした外部環境や洋服などの刺激にも反応してしまうアトピーは刺激を軽減させるための十分な保湿だと言われています。
また、使用するスキンケア化粧品やボディケアは余分な成分を含まない肌への負担を考えて作られたアトピー、敏感肌専用と呼ばれるような低刺激で保湿力の高いアイテムがおすすめされています。

 

 

みんなの肌潤糖の特徴

  • 北海道の自然原料の砂糖から作られた保湿スキンケア化粧品
  • 赤ちゃんのお肌にも使える優しい成分プラス無添加処方とパッチテスト、放射能試験済み
  • オイルコーティングされた丸みのある粒子の砂糖の浸透力と給水・保湿力で角質層に潤いを素早く浸透させ肌を守る
ネットでの口コミで広がったアトピー対策のスキンケア化粧品
みんなの肌潤糖は砂糖を原料としたアトピー対策、敏感肌の方の肌荒れをケアする保湿化粧品です。
砂糖が原料なので化学物質など体に悪影響を与える心配が少ないことも愛用者に喜ばれているポイントとなっています。

価格 3000円
評価 評価5
備考 100g お試し35gタイプは1200円
みんなの肌潤糖の総評

北海道産のビート糖が原料なので肌や体に悪影響を起こす心配が無い点、使用している砂糖は粒子が細かく一粒一粒を丸みのある球状に整え、さらに植物性のオイルでコーティングしているので、肌への刺激が少なく、小さなお子さんの肌ケアにも使えるのが特徴です。

大人の方の場合、メイクなどの洗顔後に手で顔全体に塗布し、数分待ってからまた洗い流します。
これだけでも肌に浸透していくのが実感できるほど乾燥を防ぐことができます。

また、購入後も健康管理士とスキンケアアドバイザーがメールや電話などでサポートもしてくれるので、使用上の疑問だけでなく、アトピー治療に役立つ情報などをアドバイスしてくれる点も口コミで人気が高まったポイントとなっています。

 
アクアゲルマジェルの特徴

  • オイルフリーの無添加保湿ジェル
  • 通常の10億分の1にまでナノ化された「ナノ還元水」をベースに作られたゲル
  • 多機能保湿成分「リピジュア」とヒアルロン酸Naで高い保湿力をキープ
  • 肌の表面の膜CEに働きかける有機ゲルマニウム配合
  • 無香料・無着色・ノンパラベン・ノンアルコール・紫外線吸収剤・ノンオイル・合成界面剤不使用・旧表示指定成分不使用
高い保湿力と持続性が高評価なゲル
アクアゲルマジェルは人工皮膚の原材料など、医療用としても用いられるリピジュアを配合したアトピー肌の保湿をサポートするのに役立つゲルです。
ノンアルコール、ノンオイルといった、刺激に敏感な肌のことを考えて作られています。
情報サイト「スキンケア大学」でも紹介されるなど、トラブル肌の保湿ケアゲルとして高い評価を得ています。

価格 3980円
評価 評価5
備考 定期コース 送料無料 単品価格6480円
アクアゲルマジェルの総評

アトピーに悩まされている女性や子供はもちろん男性にも愛用者がいる信頼の保湿ゲルです。

アトピーでガサガサになってしまった肌、乾燥で悪化しているアトピー肌をナノ還元水、リピジュア、ヒアルロン酸Naといった保湿や潤いに働きかける成分をたっぷりと配合したゲルが肌を守ります。

もちろん、肌に余計な刺激を与えない無添加処方やオイルフリーのゲルなので、年齢を問わずに使える点がおすすめです。

 
養麗潤ゲルクリームの特徴

  • 3万件以上の相談の中から薬剤師がお肌の事を考えて開発した保湿ゲル
  • アトピー肌、敏感肌、乾燥肌の保湿だけでなく、赤ちゃんや小さなお子さんにも使える優しいゲル
  • 潤い成分ヒアルロン酸に加えてアボカド油、スクワラン、紫根エキスで潤いを閉じ込める
  • 漢方エキス配合で肌本来のチカラを育てる
コレ一つでスキンケアをカバーするオールインワンタイプ!
化粧水・美容液・乳液をこれ一つでまかなってくれるゲルクリームです。
繊細な赤ちゃんの肌に使用しても安心な成分で作られているので、乾燥しやすい赤ちゃんにも使えるゲルクリームです。
赤ちゃんの肌にも使える程優しい成分であることに加え、手や肘、膝などの乾燥しがちな部分に使用しても十分その効果を発揮してくれます。
肌荒れの原因は乾燥です。十分な潤いを閉じ込めてくれる乾燥を養麗潤ゲルクリームで肌荒れを予防しましょう!

価格 1980円
評価 評価5
備考 80g ゲルタイプ
養麗潤ゲルクリームの総評

アトピーの悩みで非常に多いのが、乾燥から来るかゆみや皮膚が割れて剥がれてくる粉吹状態の悩みです。
乾燥しやすい肌に十分に潤いを浸透させることができる養麗潤のゲルクリームなら粉吹肌をしっかりと保湿して、かゆみを抑えるのに役立ってくれます。

特典付きキャンペーン中!
初回限定で購入者全員にアトピー肌改善ブックと養麗潤のゲルクリームミニポッド2個プレゼント中です。
さらに会員登録をした方にはプラセンタエキス配合の養麗潤ドリンクも貰えます。

通常サイズの前にお試ししたい方は養麗潤のゲルクリームミニポッド10gが540円で購入できますので、お肌に合うかチェックしたい方はこちらがおすすめです。

 
養麗潤・保湿石鹸の特徴

  • 薬剤師が開発に関わるスキンケアシリーズから無添加石鹸登場!
  • アルコール、界面活性剤不使用の固形タイプの石鹸
  • フランキンセンスオイルに加えて植物・漢方エキスでお肌を整える
  • 全身にも使えるので、ご家族全員の肌を優しく洗えます。
フランキンセンスオイル配合の保湿石鹸
養麗潤の石鹸タイプは中国では赤ちゃんが生まれた時に塗られていたハーブ、フランキンセンスオイル配合の石鹸で、肌の細胞の成長を促す、消毒作用、しゅうれん・消炎作用、皮脂のバランスを保つ働きがあると言われています。

アトピーに悩む人の悩みのひとつは、お風呂です。
市販のボディソープなどは肌に合わなかったり、肌に優しくない成分などで生成されているものが多いため、アトピー肌にダメージを与えてしまいます。
アトピー肌を刺激せず、綺麗な状態に保つために安心して使える石鹸が、石鹸タイプ養麗潤です。

価格 1980円
評価 評価5
備考 80g 石鹸タイプ
養麗潤・保湿石鹸の総評

養麗潤のゲルクリームは化粧水や美容液・乳液の代わりになりますが、この石鹸は毎日のお風呂であなたの肌を優しくケアしながら洗ってくれます。
赤ちゃんのお風呂でも使用できるほど清潔かつ、安心して使えるので、刺激に敏感なアトピー肌に悩んでいる人におすすめしたい全身石鹸です。

購入者全員に薬剤師が書いたアトピー体質改善のための小冊子をプレゼント中です。

 
オージュンヌの特徴

  • アトピーの方の為のスキンケアを考えて作られた化粧水
  • スキンケア用弱酸性水配合
  • パラベン、防腐剤不使用
  • プラチナナノコロイド配合
アトピー肌の方のための毎日のスキンケアをサポートする化粧水
オージュンヌはアトピーのせいで化粧ができない、化粧水を使えないという悩みを持っている人のスキンケアをサポートする無添加化粧水です。
スキンケア用として作られた弱酸性水なので今までどんな化粧水でも肌荒れを感じていた人にも使って欲しい化粧水です。

医学博士が監修した敏感肌化粧水として雑誌にも掲載、テレビでも取り上げられています。
国内有数の名水地の一つ鹿児島県霧島のミネラル豊富な天然水を汲み上げ、独自製法で成分を安定化させ、弱酸性水として配合しています。

価格 7980円
評価 評価5
備考 単品価格200ml ※定期コースでの申し込みの場合は初回半額
オージュンヌの総評

防腐剤などの添加物を使用しないことで、肌荒れを悪化させたりアトピーを悪化させたりすることなく、メイク前の化粧水として使うことができます。
防腐剤の代わりに腐敗を防止、肌にも優しい銀イオンを配合しています。

また、シソエキスやアロエエキスで保湿をサポートし、潤いを与えた後の肌を守る働きをしてくれます。

今まで市販の化粧水が使えずに困っていた人からも高評価を得ています。

 

アレルケアの特徴

  • L-92乳酸菌を主成分としたサプリメント
  • L-92乳酸菌の免疫力向上や抗アレルギー作用に着目し、しっかりと腸にまで届き善玉菌を増やし腸内活動をサポート
  • アレルギー物質27品目を含まないアレルゲンフリーのサプリ
体の内側からアプローチするアトピー対策
アトピー肌は保湿ケアが大切ですが、さらに体の内側から健康的な体作りをサポートしてくれます。
L-92乳酸菌はヨーグルトに含まれる乳酸菌よりも生命力が強く生きて腸にまで届き善玉菌を増やすのに働きかけ腸内環境を向上させるのに役立つ乳酸菌で、その働きには免疫向上や抗アレルギー作用といった働きも報告されています。

価格 3,360円
評価 評価5
備考 30日分
アレルケアの総評

サプリメントですので、劇的に変化が起きることはありませんが、アトピーの改善には食生活も関係しています。
また、健康的な腸は様々な、健康上のトラブルの予防に繋がるので、外側からのケアだけでなく、体の内側からのケアも検討している方におすすめです。

 

アトピー性皮膚炎の主な原因とは?

アトピー性皮膚炎が起きる原因としては、遺伝的なものや、既往歴があること、そしてある一部の抗体を産生しやすい人とされています。
そして、直接的な原因としては、体内に存在する細菌によるもの、食用油に含まれている必須脂肪酸などがあります。

 

また、環境要因も有り、皮膚の清潔を保てていないことや、ナイロンタオルを使用していること、気温などが適切で無い事、痒みに耐えられず、掻いてしまうことなどがあります。

 

一般的なアトピーの治療

このようなアトピー性皮膚炎の治療法としては、まず環境を整えることと薬剤・保湿による方法があります。

 

環境というのは、皮膚の清潔が保てるように一日に必ず一回は風呂に入るようにする事、症状の出ている部位を掻かないようにすること、適温環境で過ごすようにすることが有ります。

 

薬剤というのは主に、ステロイドの塗り薬が有ります。
副作用に、皮膚の萎縮、アトピーではない皮膚の感染症を誘発する事、毛細血管を拡張させるという事があるので気をつけなければなりませんが、ある程度の効果は見込めます。

 

また、重度のアトピー性皮膚炎では内服薬などの使用も考慮します。これらは痒みを抑えることで掻いてしまわないようにするために使用されます。
アトピーの痒みによって、生活上の困難が生じることは珍しくありません。ですので、すぐに病院へ行き、診てもらうようにするべきといえるでしょう。

 

アトピーで悩まされるかゆみ

アトピー性皮膚炎は、かゆみなどによって非常に苦しい思いをします。

 

アトピーの人の悩みで特につらいのがかゆみです。
眠れないほどの強い痒みが起こり、掻いてしまうと更にかゆさが増して血が出るまで掻いてしまいます。
このようにつらいかゆみはどうして起きるのか、その原因について詳しくみていきましょう。

 

もともと人は気温の変化や痛みを感じるのと同じように、かゆさを感じるのも生きていくために必要な感覚として持っています。
アトピー肌はその感覚が過剰になっている状態なのです。

 

炎症によるかゆみ

アトピー肌の痒みの原因の1つに、免疫異常で炎症が起きやすいということがあります。
いわゆるハウスダストやダニ、花粉などのアレルギーによる炎症によって痒みが起こりやすくなります。

 

外部刺激によるかゆみ

また、乾燥しやすく外部刺激に弱いバリア異常も原因となります。
アトピー肌は角質細胞間脂質が少ないため、水が外に蒸発しやすく、乾燥肌になります。
バリアが弱いため、外部からの刺激が痒みの発生部位である表皮と真皮の境まで到達しやすいため、炎症も起きやすくなります。

 

痒みの刺激を感じる神経繊維が表皮の近くまでのびてくるため、痒みを強く感じてしまいます。
そしてかけばかくほど、痛みが痒みに変わってしまうため、余計に痒みを増幅させてしまうという悪循環に陥るというわけです。

 

ダニが原因のアトピーのリスクを抑えよう!

ダニが原因のアトピーのリスクをなくすために、こまめな掃除と清潔な生活環境づくりを行いましょう。
見えないダニも除去するためのアイテムもあります。
上手に利用してアトピーのリスクをひとつでも軽減させましょう!

 

 

 

アトピーの湿疹が発生した皮膚を治すお勧めの治療法

アトピーによる湿疹は非常に強いかゆみを伴います。

 

まゆみのため掻いてしまい傷をつけてしまうと、そこから感染したり症状を増悪させてしまうことになります。
しかし、かゆみを我慢することはなかなかできることではありません。

 

そのため、病院の治療などではステロイド剤の軟膏を使用します。
ステロイド剤の使用を嫌がり、民間療法を行う人もいますがこれは誤った見解です。

 

アトピーはアレルギーを起こしやすい人や、皮膚のバリア機能が弱い人に見られる炎症を伴う皮膚炎の一つです。

 

まずは医師の診断とアドバイスを受ける

しかし、これだけで完全に改善できるわけではありません。
症状が出たら、早めに医師に相談し、外用薬などによる治療を行うべきです。

 

症状を悪化させないよう、早めに治療と対策法を知ることが基本です。

 

セルフケアは保湿を十分に行うのが基本

基本的にはバリア機能が弱っているために、皮膚を清潔に保ち、保湿を十分にすることが、乾燥や刺激によるかゆみを抑えるのに大切だと言われており、アトピー経験者の方も肌への刺激が少ない、保湿クリームがかゆみを抑えるのに大切だという方が多いです。

 

清潔に保ちたいからと刺激の強い石鹸を使ったり、強くこすったりするのもよくありません。
物理的や化学的な刺激も気を付けるべきです。

 

身の回りの生活用品をは大丈夫?

また、アレルギーの原因となっている物質を極力排除することも重要です。
食べ物、衣服やタオル、寝具や部屋の環境、家の周りの植物の環境といった点もチェックすることも必要です。

 

さまざまな民間療法が紹介されていますが、基本的にはスキンケアを徹底し乾燥が起こりにくい状態を作ってやること、症状が出た場合には、早めに治療し症状を悪化させないことが、最善の治療法と言えます。

更新履歴